相続診断士になろう!(キャンペーンコード(紹介コード)は、CANALと入力)|エコアンケート

Qzoo x GSL

エコアンケート TOP > 相続診断士になろう!(キャンペーンコード(紹介コード)は、CANALと入力)

相続診断士になろう!

相続診断士になろう!のロゴ

いま注目の資格、相続診断士


会社情報

相続診断士になろう!のサイトキャプチャー
会社名 RAUL株式会社/行政書士 CanaL 法務会計事務所
事業内容 行政書士業務
経営会計事業
予防法務事業
設立 平成19(2007)年
代表者 行政書士 江田 一晶
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-16 ルネ新宿御苑タワー内
社員数  
サイト 相続診断士になろう!
http://www.souzokushikaku.com/

キャンペーン情報

相続診断士の資格を受験される方向けにキャンペーンを実施しています。
弊社が運営しているサイト経由で申し込まれた方に 3000円分のクオカードをプレゼントいたします。
入力するキャンペーンコード(紹介コード)は、「CANAL」です。
詳しくは、サイトをご覧ください。

広報インタビュー

Q1.御社のミッションやビジョンについてお聞かせください。
A.現在、「相続診断士」資格は着実に受験者数を伸ばしている状況です。
 当社としましても、さらなる受験者の増加につなげたいと考え、ウェブサイトの運営を行っています。
 資格に興味のある方々に適切な情報と受験の機会を提供する場と位置づけています。
Q2.相続診断士とは、どのような資格でしょうか。
A.相続診断士となった方は、遺産相続問題の理解と啓発のための活動を行います。
 また、トラブルを解決するために、弁護士や税理士、司法書士や行政書士など、関連する専門家と連絡調整を行う役割を担います。
 民法や相続税法、遺言書に関して相応の知識が求められる立場ですが、資格ができるまでは専門知識を得ることは難しい現実でした。
Q3.エコ活動について、企業として取り組んでいることがあれば、お聞かせください。
A.当社で毎日、オフィスでのエコ活動を幅広く行っています。
 例えばごみの減量や資源の再利用のために、印刷した紙の裏を再度印刷に用いたり、ごみの分別を行ったり、
 リサイクル原料を使用した消耗品を使用したりしています。
 また、相続診断士資格の申込・受験自体がインターネット申込やCBT(コンピュータ試験)で行われているため、
 書類廃棄物の不必要な発生を抑えることができます。
Q4.最後に、今後の御社の目標をお聞かせください。
A.平成23年12月の資格設立後、「相続診断士」資格の合格者は1万5,000人を超えています。
 高齢化や相続税法改正などの社会的背景を受けて、今後も相続診断士に対する需要が増加するものと思われます。
 これからも当社は多くの方の受験を応援していきます。

編集者後書

このような資格を知ったのは今回が初めてですが、とても興味深く思いました。
確かに遺産に関して気軽に相談できる人がいるか、というとそういうわけでもありません。
自分のスキルを高める意味でも、取得しておくと役立ちそうですね。
現在は、キャンペーンで5000円のキャッシュバックもあるそうなので、少しでも興味がある方には良いタイミングですね。

△ページトップへ